• ダンボール箱について

    ダンボール箱はダンボール紙でできた箱で、一般的な紙とは比較にならないくらいの強度を持っていること、組み立てが簡単で、組み立てる前や解体後には平面上にしておけるため場所をあまり取らないこと、軽いことやコスト面での有利さなどから、主に産業界における各種品物の保管や輸送目的で広く用いられており、その需要は右肩上がりで伸びつつあります。
    企業が用いるダンボール箱もそうですが、特に昨今は個人での需要が伸びているのが特徴です。その理由は多くの人が思い当たるでしょうが、ネットショッピングなどでの宅配の需要にあります。インターネットの発達以前はそもそもこのようなサービスはなかったのですから、右肩上がりで伸びているのも納得できるところです。このように広く利用されているダンボール箱ですが、もちろん問題もあります。

    評価の高いダンボール箱の情報サイトが便利です。

    確かにある程度の強度を持っていますが、多くのケースでこのような箱は使い捨てです。
    入っていた商品を取り出した後、別の商品を入れてまた保管や輸送のために使うということはほとんどありません。



    使い捨てであれば環境問題も考えられますが、基本的にはリサイクルの古紙が用いられていますし、また再生もされますからその点では環境負荷は大きくありません。



    強度は普通の紙よりははるかに強いですが、それでも紙ですから木箱やプラスチック箱に比べると劣ります。


    この点は箱の形状を工夫したり、中に強度を高めるための仕切りを入れたりすることで解決しています。